ストレスは体にいいもの?悪いもの??

先週、幕張メッセで開催されていたドラッグストアショーに行ってきました。
医薬品から化粧品まで、たくさんのブースが出ていて、とても見応えのある展示会。

そこで、自律神経のバランスをみて、ストレス度チェックを体験できるコーナーを発見し、早速、おでこと手に装置を付けて測定してみましたうふふ

結果は、「心と体が安定していて、ちょうどいい感じ!」という嬉しいものでした。
診断結果を見ていて、ふと疑問に思ったことが。。

結果には、「ストレスがない」という表現はなく、「お疲れ」、「ちょうどいい」、「イライラ」といった表現が使われています。
ちょうどいいということは、ストレスはあるけれど、ちょうどいい量ある、、ということでしょうか・・・ :roll: ??

一般的にストレスというとあまり良くないイメージを持たれがちですが、実際は悪いばかりではないようです。
ある記事に、「*ストレスはなりたいものになるための、絶好のチャンス」*と書いてありました。
ストレスの中に飛び込んで、それをうまく乗り越えることさえできれば、ストレスは成長の糧になる。ストレスの中に飛び込んでも、元気になる力さえあれば大丈夫。
その力があれば、ピンチをチャンスに変えられる、と。

ストレスがないことが幸せではなく、自分にとってのいいストレスと悪いストレスを見極め、適切に対処できるようになることが幸せということのようです :-D

今はちょうどいい状態とでた私ですが、理想を追いかけるばかりに、ストレスに完全に負けてしまい、不調に苦しんだ時期もあります :cry:
そのころと比べると、今は、冷静になったし、やりたいことをやれていて、休みもちゃんと摂れている気がします。

ストレスはいつどんな形でやってくるかわかりません。

ストレスによって成長できるよう、ストレスと上手に付き合える心と体をそなえておきたいですね :-D

2010/3/15の投稿