水滞とは

今回は”水”の変調について書いてみます。

”水”とは、血以外の体液を指し、その働きは、身体の各部を潤すことでした。
その”水”がうまく巡らず、局所的に過剰になってしまっている状態を”水滞”と呼びます。
(中医学では、津液過多と呼びます)

”水滞”の状態になると、

  • むくみやすい
  • 手足や全身がだるい
  • めまいや吐き気
  • 肥満

などの症状が出ます。

水滞は、水を全身に運ぶ機能が失調してしまうことにより起こるのですが、
その原因には他の失調と同様、冷えが大きく関わっています。
水滞の症状を改善するためには冷えの解消とともに、
胃腸の機能を高めること、余分な水分の排泄を促すことが必要になってきます 。

そのために心がけることは、、

  • 適度な運動を行う。
  • 冷たいものを摂りすぎない。
  • 体を冷やさない。(特に下半身)
  • 味の濃いものを摂りすぎない。
  • お酒は適量を心がける。

などです。

そして、ハーベストリングでご用意している”水滞”対策のお茶は、Herring No.5【水滞】です。

Herring No.5【水滞】は、滞った”水”を体外に排出させる目的でブレンドを行っています。

水分代謝を高めるダンデリオンやネトル、ジュニパーベリーを配合し、
ベースには、脂肪の吸収を抑えるといわれている黒茶、プーアル茶を使用しています。
水の巡りをよくする素材がたっぷりの、とても贅沢なお茶に仕上がっています。

また、水滞の症状とともに、冷えや胃腸虚弱の症状が特に気になる方には、Herring No.1【気虚】 をお勧めしています。
Herring No.1【気虚】
には、気を補う高麗人参やヤマノイモに加え、
体を温める生姜や、胃腸の働きを整えるジャーマンカモマイルが配合されています。
”気”は”水”を巡らせてくれるますので、”気”を補うことも大切なのです。

Herring No.5【水滞】は、ハーベストリングのブレンドの中では最も漢方っぽいブレンド。
意外とやみつきになってしまう味です。
水滞の症状が出ている方はぜひお試しください ♡

Herring no.5【水滞】の詳細はこちら からご覧いただけます。