女性の体

2000年ほど前に書かれた中国の書「黄帝内径素問」に、”女性の体は7年ごとに節目を迎え、変化する”と記載されています (男性は8年です)。
これは、生殖器やホルモンをつかさどる「腎」の働きをベースにした考え方です。

7年ごとの節目は以下のように書かれています。
7才  乳歯から永久歯へ歯が生え変わり、髪の量が増える
14才 月経がはじまり、生殖系統の発育が盛んに
21才 体格は頂点に達する
28才 身体機能、性機能ともにピークを迎える
35才 少しずつ生理と性機能に衰えが始まる
42才 体力の衰えが気になり始める
49才 閉経が訪れる

中医学を学んでいるとよく思うことですが、2000年前に書かれたものが現代の私達に当てはめて考えられるとは、
驚きですよね。
中医学の歴史の深さと的確さにはつくづく感動します。

さて、この7年ごとの節目に自分を当てはめると、私はちょうど4回目の節目を迎えています。
・・・ということは身体機能のピークということになりますね・・・。

しかし、現代を生きる女性の体は、基本リズムが乱れており、必ずしもこの型には当てはまらないようです。
私も冷えがあったり胃腸が弱かったりと、ピークとは言えないようです。

リズムの乱れは、女性の社会進出に伴うストレスの増加、不摂生な生活、食事バランスの乱れなど、
社会的要因の影響が大きいと考えられています。
そして、このリズムの乱れは、老化を早める深刻な問題となります。

自分の生活、状態にあったケアを心がけて、リズムを整え、いきいきと年を重ねていきたいものです。

2009/10/22の投稿